HD宮城テクニシャンの後藤(35)です。今日はインジェクションチューニングを当店は今年から導入しておりましたのでそちらの作業風景をアップいたします。
インジェクションチューニングといえば、フルコン、サブコン、サンダーマックス、ツインテック、スーパーチューナー、フューエルパックなどなど様々なメーカーから発売しておりますが・・・「結局どこがいいの?」とお困りでないでしょうか。
結果的にどのメーカーも様々な利点があり悪い商品はないのですが商品知識が無い者が作業をすると多々不具合が起きます。
今日私がお勧めするインジェクションチューニングはテクノリサーチ社から発売されています
フラッシュチューナーです。 
こちらの商品簡単な説明をしますと
① センサーを取り付け走行テストを繰り返し車体の状態を細かい領域でデーター取りする
② 空燃比、点火タイミングの設定 アイドリングの設定をして車体ごとオリジナルマップのプログラミング
③ 純正コンピューター内のマップをオリジナルマップに書き換える

といった作業になります。純正コンピューターの内部マップの書き換えにになりますので信頼性が非常に高く、乗り手に合わせてエンジンの味付けを行うことができるすぐれたEFIチューニング゙となっております。

本日は2014年ヘリテイジFLSTC マフラー北米マフラー エアクリーナーS&S エンジンストック カムストック こちらの車両をパワフルにしてほしいとご要望がありましたので作業となります。秋田から遠方のご入庫ありがとうございました。

IMG_1277.jpg
まずはマフラーにセンサーを付けていきます

IMG_1275.jpg
基本データーをプログラムして走行テストでエンジンの状態を確認してきます



IMG_1278.jpg




データ取り後のマップです。だいぶ赤い(パワーダウン)していました。これを調整・走行・調整・走行を繰り返し適正マップを仕上げていきます。 今回はお客様の要望で アイドリング900RPM 全領域でのパワーアップ 三拍子無 でした。

取扱開始後半年になりますが、沢山のご予約をいただいております。
天気、路面のコンディションにもよりますがお預かり1週間前後での完成いたします。是非是非ご検討ください!!
ハーレーの本来のトルク、パワー、サウンドをお約束いたします。
では本日はここまで
皆様楽しいハーレーライフを

スポンサーサイト