バッテリー充電器のお話

冬季間の保管方法で大切なのがバッテリー管理です。
「よし!乗ろう!」と思った時にエンジンがかからない・・・
バッテリーは日ごろのメンテナンスが必要なのです!!
私も愛車のハーレーを乗らなくても最低でも月一で充電しております。
バッテリーは弱る度に寿命が短くなっていきます。寿命を伸ばすためにもバッテリーは常にエンジンがかけられるようにベストな状態に保つことが大切です。
でも・・・面倒だからな~!!そんな方におススメ!!
今日ご紹介するのはハーレー純正「バッテリーテンダー」
CIMG9671_201612051538241ea.jpg
この季節は充電器が飛ぶように売れております。
ハーレーは特に排気量の大きなモデルが多く、エンジンをかけるにはとても大きな力が必要になるため、バッテリーが上がったり、弱ってエンジンがかからないなんてことも多いんです。
お客様にはハーレーってこんなにバッテリー上がるの早いの?なんてよく聞かれます。
ハーレー純正バッテリー充電器はとても使いやすいように工夫がされています。
中には配線が2本入っています。
1本目は通常のワニ型クリップです。
CIMG9673_20161205153827a16.jpg
そしてもう一つが優れもの!!
こちらの配線はあらかじめ車両に取り付けをして、シート下などに目立たないように隠しておきます。
これを装着すれば充電する時にシートやサイドカバーを外す必要がありません。
CIMG9672_2016120515382672c.jpg
CIMG9675_20161205153830c84.jpg
CIMG9679_20161205161339275.jpg
あとは充電器側とコネクターでつなぎ、コンセントに差し込むだけで充電開始!!
CIMG9677_20161205153847e41.jpg
嬉しいことにこの充電器は防水です!!屋外保管の方にはうれしい機能です!!
さらに充電が完了するとフロートモードに切り替わりバッテリーをベストな状態に保ち続けます。
要するにコンセントにつなぎっぱなしで良いとゆうことです。
ただいまウインターセール中でお買い得プライスになっております!!
CIMG9678_20161205153849ec6.jpg
愛車のメンテナンスは大事です!!ご不明な点はお問い合わせください!!
スポンサーサイト