ストリートロッド比較試乗セミナーに参加してきました!

先日、昭島のHDJトレーニングセンターにて「ストリートロッド」比較試乗セミナーに参加してきました。
当日は、ドゥカティのスクランブラー、スズキSV650、トライアンフストリートツイン、ホンダCB650F、
ヤマハMT-07、そしてノーマルのSTREETというライバル他社を含めての試乗会!
なかなか自分たちバイクにかかわる職業でも一気にライバル車の比較試乗という機会はなかなかありません。
IMG_0570.jpg
今回他社との比較で感じたのは、「やはりハーレーはハーレーなんだなあ」という事。
特別速いという事も、乗りやすいという事も、特にないのですが、「味が濃い」という印象です。
ステップの位置も確認しないと変なところに足をのせてしまいそうになるし、水冷なのに熱い!
でもバイクの方から「乗りこなしてみろよ」というメッセージが聞こえてくる。そんな印象です。
image1_20170621130421201.jpg
フロントは43mmの倒立フォーク!レイクアングルも27度とハーレーの中では立ち気味です!
すべては運動性能のため!今回のキャッチフレーズは「URBAN BULLDOG」 (都会の闘犬)だそうです。
image2_201706211308094cf.jpg
リアサスは外部リザーバー付き!プリロード可変式。ショック長は31%延長されています。
スイングアームも新設計されホイールベースは10mm短く、(1510mm)よりクイックに!
image3_20170621131229086.jpg
水冷OHC8V60度V-TWINエンジンは18%パワー向上!
しかし、むやみに高回転型にする事なく、8%向上したトルクは4000rpmで発生。
実際に乗っても常用域のトルクアップが印象的でした。以前のXR1200やBUELLに似た印象です。
image4_20170621131723ecd.jpg
個人的にはかなり気に入ったのがこのリヤビュー!LEDのテールランプの光り方が格好良い!
全体的には以前のSTREETよりだいぶ男っぽい印象で少し乗り手を選びそうな印象でした。
なんせ「都会の闘犬」ですからね!
スポンサーサイト

今年もやります!石巻中部自動車学校試乗会

201706石巻中部自動車学校ポスターA3_2

石巻中部自動車学校様にて
HD宮城とハヤサカサイクル・KTMハヤサカ・ハスクバーナ仙台の合同イベント
展示・試乗・商談会
7月1日(土)
開催が決定いたしました
今回の目玉はズバリ
憧れのトライク「フリーウィラー」が試乗車に登場
王者の風格安心の足付き性「ウルトラリミテッドロー」
まさかの1800cc体験試乗「プロストリートブレイクアウト」
普段は試乗車で設置していない3台ご用意いたしました
もちろん他にも多数の試乗車をご準備しております
ご来場特典・ご入校特典・ご成約特典も盛りだくさん
ポスター表記の他にも多数ございます
ハーレーダビッドソンの世界観を堪能できる展示・試乗・商談会です。
なお、開催時間ですが
展示会は12:00スタート(検定試験の都合上変更になる場合がございます)
試乗会は13:00~とさせていただきます。
この機会をお見逃しなく

限定1台! FXDWG!

前回に続いて2016MODEL店頭展示車のご案内です!
今回はFXDWG「ダイナ・ワイドグライド」
ローライダーと双璧をなすダイナのレジェンド、ワイドグライドは今年も健在だ。
全モデルでもっとも長いホイールベースを有し、さらにフォワードコントロールステップによって両足を投げ出すライディングフォームとなることから、オートバイとしての旋回性能は著しく失われている。「なぜ、そんな仕様に?」、そんな疑問への答えはひとつ、「ハーレーダビッドソンだから」。
CIMG8917_201706151208344c7.jpg


曲がらなければ、曲げてやればいい。乗りにくければ、乗りこなしてやればいい。
やせ我慢こそハーレーダビッドソンに乗る極意と見い出すならば、このワイドグライドはその象徴とも言える存在だ。
涼しい顔をして、カッコよく駆け抜ける。誰もが憧れた『イージー・ライダー』の世界観がそこに広がっている。
CIMG8916.jpg
こちらのワイドグライドは2016MODELの為、1584ccですが、個人的には「これで十分」と感じます。
もちろん、現在1584ccに乗られている方には新型の103をおすめします。
CIMG8918.jpg
車輌本体価格 ¥2,070,000 ボディーカラー:ブラッククオーツフレーム
こちらの車輌も金利1.9% 150回払い対象車です!
HD宮城に限定1台展示中です!
もちろん、免許サポートも併用可能です!

2016 FLTRU SE あります!

本日は2016年式 FLTRUSE(CVO)のご案内です!

本家ロードグライドとともに復活を遂げたCVO ロードグライド ウルトラ。
その名のとおり、あのシャークノーズフェアリング&デュアルヘッドライトというスタイリングのモデルに、
ウルトラだけに許されていたトップケースが備わる。
静かにたたずむその存在感は、全モデルの頂点に立つCVO リミテッドに肉薄するレベルにある。
ともに旅するパッセンジャーの快適性をアップさせるウルトラ用パッセンジャーシート&トップケースの採用はもちろん、
ハンドルバーもベースモデルと異なり、ややアップライトなオリジナルバーとされる。その独特のグラデーションデザインから、
攻撃的な印象までもが増した感さえあるCVO ロードグライド ウルトラ。この一台があれば、日本一周など容易に思えてくる。 


DSC_0685.jpg
・・・・ハーレーの世界観を具現化したような車輛。 これぞ「ハーレー」ではないでしょうか?

DSC_0777_2017061218131871c.jpg
ボディカラー チャコールスレート/カーボンダスト 車輌本体価格¥5,010,000(税込み)

こちらの豪華絢爛「FLTRUSE」CVO 今なら1.9%150回ローンがお使いいただけます!

1台限りの車輌です!お早目にハーレー宮城でご確認下さい!



遠野ジンギスカンツーリング報告!

今日は久しぶりに気持ちよく晴れ、ツーリングには最高の天気でしたね!
そんな中行われた仙台チャプタージンギスカンツーリング! 
長者原SAに集合→猊鼻渓→道の駅遠野→ジンギスカン→大谷海岸→春日PA(解散)
という約300KM程度のツーリング!
CIMG5074.jpg
まずは朝のミーティング
CIMG5070.jpg
本日参加は22台の参加です
CIMG5078.jpg
猊鼻渓到着!
yjimage[1]
お待ちかねジンギスカン!
CIMG5093.jpg
CIMG5084.jpg
次回はお待ちかね!「笹川流れ」ツーリング!7/8日開催です!
ハーレーダビッドソン宮城

ハーレーダビッドソン宮城

Author:ハーレーダビッドソン宮城
東北最大級のハーレーダビッドソン契約正規販売店、ビューエル契約正規販売店!泉インターから南に15分、4号バイパス沿いダイシンさん向かい
仙台市泉区松森字後田81番地1号
TEL:(022)374-8880
MAIL:info@hayasaka.co.jp

最新記事
カテゴリ
QRコード
QRコード
ご覧になっているお客様